お気楽フリーランスROSHI'S BLOG

会社に縛られず、自分のペースで気楽に仕事をしている、フリーランスROSHIのブログです。長年翻訳エンジニアとしてローカリゼーション業界にどっぷり浸かっていますが、その他LINEスタンプ作りや、動画編集、DTPなどパソコンに向き合う仕事は何でもやってます!
<< 県民所得 | main | ネパール >>
遠慮
JUGEMテーマ:アメリカ生活


こんにちは。


まだ寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?


ところで、皆さんは「遠慮する」という事に関してどう思われますか?
遠慮を辞書で調べてみると次のように定義されていました。


『他人に対して、控え目に振る舞うこと。言動を控え目にすること。』


ここ日本では遠慮というのはかなり重要視されていると思いますが、
アメリカでは遠慮はあまりいい事の様には思えません。


例えば、アメリカ人から、


「OOしたい?」


と聞かれたときに、自分はしたいのに、


「いや、どっちでもいいよ」


というような遠慮を含みながら曖昧な答えをすると、
あまりいい顔はしないと思います。


yoshiも渡米したての頃、実際そのような返答をしてしまい、


「いや、yoshiはしたいの、したくないの?」


って、はっきり言われてしまった事がありました。


日本だと何かオファーされたときに、相手は本当はしたくないのに、
義理でオファーしているのではないか、という事が考えられるので、
遠慮する事が求められる事があるように思えますが、
アメリカ人のオファーは心からの事が多いので、素直に受け止める必要があります。


例え、答えがノーだとしてもアメリカは個々の意見を尊重する事が基本ですので、
それによって関係が悪くなる事はないでしょう。


日本では「また是非遊びにきてください」とか言われたから、
本当に遊びに行くと、驚かれる‥、というような事もあるようです。


「本音と建前」という文化がますますコミュニケーションを難しくしていると思います。


yoshiは基本的に、遠慮はあまりせずに、「はい」、「いいえ」をはっきりとさせるように心がけていますが、
これも相手によってはあまりいい顔をしない人もいるので日本では気をつけないといけないですね。


言語が違うと思考回路も違うと言われていますが、
国や文化を越えてのコミュニケーションは本当に難しいですね。


皆さんの意見もお待ちしております。

| 文化 | 11:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
blog ranking
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
twitter
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE